私と便秘とマグミット

軽い便秘になったり、治って便秘のない日々を送ったりしてこれまでやってきました。便秘は自然に治るものと思っていたので、これまで市販の便秘薬は使ったことがありません。たまたま内科で便秘のことを話したところ、先生がマグミットを処方。経過をブログにメモしています。【マグミット330mg】胃酸を中和する薬。便秘のときに用いる。後発品。

マグミットをやめる時期を見失う

マグミットの服用が当たり前になる

 

マグミットを飲み続けて早数か月。

毎日のお通じに努めるも全く効果がなく、丸2日あきそうになることもままある中、マグミットを飲んでいるという状況が自分を安心させてくれる。硬い便が出ることはないから大丈夫だと。

こうなると、もうマグミットのない生活なんて考えられなくなってくる。最初こそ、できる限り早く薬を減らさないとと危機感を抱いていたが、今やもう1日3食のご飯のように自然に服用している。

さていつになったらやめようと久しぶりに考えてみる。

「毎日のお通じが当たり前」の生活になってから薬をやめることにしようと思ったが、同時にそんな日がくるのだろうかとも思う。

タバコをやめるやめないって、こういう感じなのだろうか。

先が見えない。